こんにちは 吉村こどもクリニックです????
梅雨も明け、本格的な夏????がやってきましたね。
さて、今回も前回に引き続き、夏かぜについてお話させて頂こうと思います。
今回は「手足口病」について・・・

6月ごろから当院でも手足口病のお子さんが増えてきました。
感染経路は、接触・飛沫・経口感染です。
潜伏期間は3~6日です。
病状はその名の通り手・足・口に2~3mmの水疱(水ぶくれ)ができます。水疱は膝やおしりにできることもあります。また微熱が出ることもあります。
水疱は3~7日できれいになくなり元気になります。
この病気には出校停止などの規定はありません。プールも決まりは特にありません。
医師や学校・園の先生と話し合って判断します。
一般的には水疱がなくなって元気が出てきたらOKです。
病気の特効薬はなく症状に応じたお薬をお出しします。
口の中に水疱ができるので、食べたり飲んだりが難しくなります。
口当たりの良い室温以下の食べ物を少しずつ食べましょう。
また小さいお子さんほど脱水になりやすいので、☕水分はこまめにとるようにしましょう。
水分がとれなければ点滴????が必要になってきますので受診しましょう。

夏休み????が始まり、お子さんはうれしく、親御さんは大変な1か月ですね。
水分を忘れずに持って、楽しい思い出????をたくさん作りに行きましょう!